南大和病院

  • 診療時間 午前 9〜12時 / 午後14〜16時 / 夜間 17〜19時
  • 休診日 日曜・祝日・年末年始(12/30〜1/3)
  • お問い合わせ 046-269-2411
  • 予約専用番号 046-269-5000
  • 〒242-0015 神奈川県大和市下和田1331番2号

    専門外来

    リウマチ科

    外来枠表

    関節リウマチとは

    「朝、手がこわばって、動かない」 「関節がはれて、痛い。」 「熱っぽくて、全身がだるい」 といったことが続いたら「関節リウマチ」かもしれません。「関節リウマチ」は免疫異常により関節に炎症が生じる疾患です。女性に多く、「料理、布団の上げ下げ、髪をとかす」といった女性ならではの動作が辛くなる病気です。全国の患者数は70万人以上と推定され、30から50歳代と働きざかりの方に発症のピークがあります。

    以前、関節リウマチは、関節が次第に変形し、一生付き合わなければいけない病気と考えられていました。しかし現在、関節リウマチの治療は大きく進歩しました。

    新しい薬が次々と開発され、早期に病気の進行をほとんど止めることができ、「寛解」を目指せるようになり、さらに「寛解」を維持し、合併症をおこさず、治療薬を減らしていきます。 「寛解」状態でなくとも、罹患している自覚がなく日常生活を送ることができるようになってきています。

    関節リウマチは、早め早めに治療することで跡形もなくなおすことができるようになりました。まずは、リウマチ専門医に相談してください。

    寛解: 病気の症状がほぼ消失した状態。、採血で炎症が無くなり、関節の痛み、はれが消失し、関節の破壊がほとんど止まり、身体機能が維持できる状態のこと。

     

    南大和病院の関節リウマチ診断のための検査予定

    初診:

    Ⅰ 問診/身体診察

    一番重要です。関節リウマチの特徴である関節の痛みの、① 期間 ② 部位 ③ 関節以外の痛み について聴き取ります。また関節の、④ はれの程度 ② 痛みの程度 ③ 熱を持っているか、も診断に役立ちます。 関節リウマチは自己免疫疾患であり他疾患の鑑別のために、毛髪、皮膚、爪の所見。また聴診による呼吸の音も参考になります。

    Ⅱ 採血、尿検査

    初診時に行います。採血により炎症の程度、リウマトイド反応、抗CCP抗体も診断に役立ちます。またあわせて肝臓、腎臓の合併症がないか、糖尿病、高脂血症の有無も確認し関節リウマチ治療の選択に利用します。

    Ⅲ レントゲン検査/関節超音波検査

    関節破壊の進み具合や、別の関節の病気の診断のために関節レントゲンを撮影します。また腫れている関節を直接観察するための関節超音波を行います。胸部レントゲン写真も他疾患の除外、肺炎の有無確認のために行います。 初診で関節リウマチの診断がついたときは、治療法の選択のために、肝炎、結核感染症の有無の追加を行います。

    関節リウマチと診断された時には、関節リウマチについて、またその治療について説明された小冊子をお渡しします。

     

    再診(検査結果が揃う1週間後を予定します):

    Ⅰ 関節リウマチの診断、他疾患の除外を行います。

    Ⅱ 関節リウマチの治療選択のための追加検査を行います。

    胸部レントゲンで異常があれば、胸部CT検査、B型肝炎の採血による精査等、また関節リウマチでなかった場合には他疾患の診断のための追加検査(採血による自己免疫疾患の診断)、整形外科受診も検討します。

     

    治療法

    関節リウマチの治療の進歩により、世界的に治療の流れが統一されました。目標は患者様それぞれに合わせ、最適化した治療を行います。最短期間で「寛解」と呼ばれる病気が落ち着いた状態とし、その維持、そして減薬していきます。また活動性のコントロールが困難な場合も関節リウマチの活動性を極力下げる治療をしていきます(図1) 。
    治療は、下記の4つを組み合わせて行います。

    1. ケア(生活の工夫、食事、自助具の指導)
    2. 薬物療法(内服、点滴、皮下注射、関節空注射)
    3. リハビリテーション(早期から行うことをおすすします)
    4. 手術(日常生活に不自由な痛み、変形を伴う場合:連携病院ご紹介します)

    初診時には、関節症状を緩和する内服治療を行い、再診時に患者様と相談し同意のもとに関節リウマチ治療の選択をおこない治療開始しします。

     

    関節リウマチの薬物療法

    鎮痛剤 即効性の痛みを軽減することができる薬剤です。(例:ロキソニン、 セレコックス)
    ステロイド 強力な抗炎症作用、免疫抑制作用を持ち、疼痛緩和を得られます。一方長期使用で副作用が現れやすいため、試用期間は必要最低限が望ましいです。(例:プレドニン、メドロール、ケナコルト)
    抗リウマチ薬 免疫異常に作用して、病気の進行を抑えるます。(例:リウマトレックス、リマチル、アザルフィジン等)
    メトトレキサート 抗リウマチ薬の中でも効果が高く、現在は第一選択薬(アンカードラッグ)となっています。他の薬剤とも併用して使用することも多く、患者様のほぼ半分の方が内服しています。(リウマトレックス、メトレート)

    生物学的製剤:最新のバイオテクノロジーにより作られた薬剤です。メトトレキサートが効果不十分であったり、使用困難な場合は早期に使用します。1ヶ月の薬剤費は3割負担で1万円から5万円と高額ですが大変有効性が高い薬剤です。この薬剤が開発されたために関節リウマチを「跡形もなく治す」ことが可能になりました。

    注目すべき副作用は感染で、結核やニューモシスティス肺炎といった免疫低下の際に活動性を増す感染症に注意します。

    上記薬剤も「寛解」となれば減薬していきます。

     

    医療機関の皆様へ

    南大和病院は、関節リウマチを始めとする膠原病の患者様の積極的な受け入れをしております。

    不明熱精査、診断に苦慮する関節炎、リウマトレックス使用困難な患者様、生物製剤導入のための精査、初回導入まで等広く診療しております。

    南大和病院には一般入院病棟、透析センターもあり、循環器、感染症、消化管疾患、膠原病の腎障害といった急性、慢性の病状変化も対応可能です。包括病床、回復期リハビリテーション病棟、併設された老人保健施設(さくらぷらざ)もあり、脳梗塞後のリハビリテーション、術後、廃用のリハビリテーションも行っております。

    南大和高座クリニックには平日月曜から金曜にリウマチ専門医が診療しています。また南大和病院にも常勤1名非常勤6名のリウマチ専門医が診療しております。

    紹介状なくともリウマチ科受診希望で受付頂きましたら、遅滞なく診療いたします。

     

    診療のご案内に戻る