お問合せ 046(269)2411  ご予約 046(269)5000

ここから本文です

外来(受診される方へ)

診療のご案内

外来診療案内

フォトギャラリー

午 前 診 療 9時 ~ 12時
午 後 診 療 14時 ~ 16時
夜 間 診 療 17時 ~ 19時

*土曜日の夜間診療は休診となります。

*院内診療科の分類を示します(いわゆる法律で扱う標榜科とは多少異なります)。

*全診療科目で予約制を導入しております。

 

お問合わせは

TEL:046-269-2411 予約専用:046-269-5000

 

総合診療科

内科一般、
外科一般
風邪・腹痛から始まって、あらゆる病気の診断、治療およびご相談に応じています。病気そのものを診ることも大切ですが”病気のひと”をまずは内科、外科等の振り分けにこだわらず、総合的な立場からみてその人にとって心身ともにバランスの取れた最も適切な医療を提供することを目指しています。

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科
外来枠表
2013年4月より、耳鼻咽喉科を開始いたしました。花粉症、扁桃腺炎、鼻出血、めまい、中耳炎など、耳鼻のどに関わるご不安について、ご相談下さい。尚、診療は南大和病院にて行っています。

眼科

眼科
外来枠表
眼科一般、アレルギー性結膜炎(花粉症など)、ドライアイ、白内障、緑内障、 糖尿病網膜症、眼底疾患 など。
合併症による眼科疾患の対応や、手術にも対応いたします。お気軽にご相談ください。
診療は南大和病院にて行っています。

ものわすれ外来

ものわすれ外来
外来枠表
アルツハイマー型認知症診断の基本は「症状と経過」で、臨床情報をもとにした医師の総合的な診断が必要となりますので、ご相談下さい。当院では、VSRADによる画像診断を実施しています。VSRADとは前駆期を含む早期アルツハイマー型認知症に特徴的にみられる内側側頭部(海馬・扁桃・嗅内野の大部分)の萎縮の程度をMRI画像から読み取るための画像処理・統計解析ソフトウェアです。

外科系

胃・食道外科
大腸・肛門外科
肝・胆・膵外科
肛門外科外来枠表
消化器(食道・胃・肝臓・胆のう・すい臓・結腸・肛門)の良性、悪性疾患の手術を主体とした診療を行っています。
乳腺外科
外来枠表
乳腺の病気に対する診断や治療を行っています。マンモグラフィー、超音波検査、穿刺吸引、細胞診検査を中心に、レベルの高い精密診断を行っています。
整形外科
外来枠表
整形外科は頭部以外の身体の骨や筋肉、腱を扱うところです。骨折、捻挫、脱臼や関節の痛み、腰痛をはじめ様々な筋肉痛、四肢の運動障害などを整形外科で診察します。
泌尿器科
外来枠表
尿の通路(腎臓、腎盂、尿管、膀胱、前立腺等)までに出てきた病気を扱っています。例えば腎臓癌、腎結石、尿管結石、前立腺肥大、膀胱癌等が診断の対象となります。また、尿失禁、夜尿症に対するきめ細かい医療相談や治療に応じています。
脳外科
外来枠表
脳腫瘍、脳出血、脳梗塞、てんかんなど脳疾患全般の診療を行います。手術が必要な場合は協力病院で行います。
形成外科
外来枠表
やけど、あざ、皮膚腫瘤、褥瘡など皮膚に問題のある患者様で美容上にも関心のある方は形成外科を受診して下さい。
麻酔科
外来枠表
ペインクリニック、神経ブロックなどの専門的技術を駆使し苦痛・痛みを取り去ります。

内科系

消化器科
外来枠表
胃潰瘍、十二指腸潰瘍の治療、ヘリコバクター・ピロリの除菌方法、内視鏡的な食道癌、胃癌、大腸癌の切除、C型肝炎に対するインターフェロン治療などを行っています。
呼吸器科
外来枠表
呼吸器である肺に関連した全ての病気、肺炎、喘息、肺癌、肺気腫などを取り扱っています。例えば、慢性の病気である喘息は、患者様自身が自分の病気の状態をよく理解することが大切です。当院では患者様がピークフロメーターという個人用の器械を使用して毎日呼吸機能を測定し、それを日記につけていただくことで発作を未然に防ぐ治療を薦めています。
循環器科
外来枠表
主に虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)心不全、不整脈、高血圧等の患者様の治療を行っています。
リウマチ科
外来枠表
関節リウマチを代表とする、もろもろの膠原病に対し、専門医が精力的な外来診療と懇切丁寧な生活指導を行っています。
アレルギー科
外来枠表
喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー疾患について専門医が診察し、治療方針を立てます。
糖尿病外来
外来枠表
糖尿病、甲状腺疾患はともに内分泌疾患といわれ、糖尿病はすい臓から出るインスリンホルモンの減少によって発病し、甲状腺疾患(バセドー病、橋本病など)は甲状腺ホルモンの異常により発病します。患者数の多い疾患のため、専門医の対応だけでは処理しきれず、一般内科医も診療し時間の短縮をはかっています。また、栄養管理や運動療法も大切な治療となるため、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士が協力して治療にあたるシステムをとっています。
腎臓内科
外来枠表
透析センターを運営する関係上、腎臓を診る専門医を用意しています。腎臓病に関する相談は何でも受け付けています。

 


内視鏡 ポリープや早期癌に対しては、内視鏡下にて切除を行い、以前のように開腹手術を行わなくてもよい症例も増えています。
放射線科 CT・MRI・CR装置・マンモ撮影装置・エックス線TVを備え、あらゆる画像診断のアシストを行っています。画像の読影は専門の放射線医が担当致します。放射線に関する質問、ご相談には技師会認定の放射線管理士がお答えしております。
リハビリ科 リハビリ専門職の理学療法士、言語聴覚士が個別訓練を中心に治療いたします。整形疾患の機能回復のお手伝い、脳血管疾患の後遺症や神経難病での機能障害の方々の自立を支援いたします。ご希望の方は総合外来を受診してご相談下さい。
栄養科 生活習慣病などのダイエット効果を誇る管理栄養士が個別に栄養食事指導も行っています。どうぞ受付までご相談ください。