お問合せ 046(269)2411  ご予約 046(269)5000

ここから本文です

人工透析センター施設紹介

南大和病院 人工透析センター

患者様の生活に密着し、利便性の高い透析治療を安全・快適に提供できるよう、スタッフ一同全力を傾けております。

総合腎臓病センターのご紹介

回復期リハビリテーション病棟は、透析患者様を受け入れています。

 

入口からベッドサイドまで全館バリアフリー

施設玄関よりベッドサイドまで段差がありません。
杖歩行や車いすでも安全に移動できるよう全館バリアフリーです。

施設入口や更衣室、廊下、ベッドサイドなどは段差やスロープのないバリアフリーです。

安全かつ迅速な避難ができるよう非常口も段差がありません。

非常口の外側にもスロープ等はありません。安全に屋外に出ることができます。

車いすのままで体重測定ができるようエーアンドディ製の体重計を導入しています。

透析治療において体重測定は除水量を決める重要な情報です。デジタル表示とプリント印刷により、体重の測り間違えを防ぎます。

 

プライバシーと医療安全への配慮

大きな屋根で覆われた透析センターの入り口に送迎バス等が横付けできます。

雨天でも傘を差さず両手が使用でき、お体を濡らすことなく安全・安心な通院ができます。

 

個床カーテンによりプライバシー等に配慮しています。

カーテンは専門業者によって定期的なクリーニングが行われ、いつも清潔です。

 

取り違え事故等を防止するため、原則として固定ベッド制となっています。
ベッド・ネームプレートには必ずお名前が入ります。

透析センターでは、注射薬等の使用時にお名前を確認させていただいております。

自然光をとりいれるため大きなプライバシーガラスの窓を設置しています。

自然光でも必要充分な明るさを確保しています。
プライバシーガラスなので館外からは見えません。紫外線や夕方の西日もシャットアウトします。

 

快適な治療空間の確保

待合室

シャワー室
入室前にシャワーが浴びられるので、仕事が終わった後でも快適な透析治療ができます。

全ベッドに地デジ対応の11.0型アーム式液晶テレビを設置しています。

アーム式なので無理な姿勢をとらず快適に視聴できます。

透析センター内は全館が空調による温度・湿度管理を行っています。

ダイキン製の高性能エアコンを導入し、集中コントローラーにより細やかな空調管理を行っています。

透析患者様専用の食堂にはティーサーバが設置されています。

茶葉は地産地消を心がけ、神奈川県産足柄茶を主に使用しております。

食事と栄養